コンドロイチンの副作用と注意点

膝が痛い主婦

コンドロイチンは軟骨に水分や栄養素を送り込み、腰痛などの関節痛を緩和する効果が期待されます。また、軟骨の主要成分プロテオグリカンの材料にもなります。その他に軟骨の変形や破壊、加齢に伴う軟骨細胞の死滅を予防する効果もあり、サプリメントだけではなく医薬品としても認定されています。

コンドロイチンは単体で摂取するよりも、グルコサミンと同時に摂取することで軟骨への効果が高まります。そのためサプリメントでは、グルコサミンとコンドロイチンが同時配合されているものがほとんどです。その他に、美容成分として注目されるコラーゲンの生成を促す目的で、注射として使用されることもあります。

reaf 副作用が出ないとは限りません

コンドロイチンは納豆やオクラ、フカヒレなど粘りのある食品に豊富に含まれています。また私たち人間の体内でも生成されるものですから、基本的に副作用の心配はありません。ただし、関節炎などの治療で同時に使用される鎮痛剤との関係で、上腹部痛や吐き気、下痢や便秘などの副作用の症状が、ごく稀に現れる場合もあります。

一般的なサプリメントや医薬品と比較すると危険性は少ないものの、副作用が全く出ないとは限りません。コンドロイチンを使用する際の注意点として、成人以外で特に小児に関しては使用を避けた方が良いでしょう。また関節痛以外の病気をお持ちの方は、事前に医師に相談されることをお勧めします。

reaf サプリメントの先進国アメリカで選ばれている、ひざ痛サプリ成分『MSM』とは?

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに