変形性膝関節症を発症させる要因とは

reaf 膝の痛みの筆頭格・変形性膝関節症

膝の痛みを招く、関節系の病気の筆頭格と言えるのが「変形性膝関節症」。

膝関節の軟骨がすり減ることで、膝関節が動く際の摩擦の影響をまともに受けやすくなってしまい、こわばりや痛みの症状が出るのです。

膝の痛みを抱えている人の約半数が、この変形性膝関節症だと言われ、その患者数は、なんと全国で約1000万人にも達すると推測されています。

reaf 変形性膝関節症を招きやすい生活習慣

膝の痛みを招く病気の筆頭格・変形性膝関節症を発症させる要因の中には、以下のような「生活習慣による要因」もあります。

  • ハイヒールなど、歩行スタイルが不自然になったり、歩行時に膝に大きな衝撃を与えてしまいやすい靴をよく履いている。
  • いわゆるメタボ。
  • 膝を酷使するようなスポーツをしている。
  • 運動をほとんどしていない。

これらの要因を見てみると、日々の生活において、歩きやすく膝への負担が軽い靴を選び、運動は「やりすぎずサボらず」を心がけ、運動だけでなく食生活にも気をつけて体重管理もきちんとしていくことが大切だということが分かりますね。

reaf その他の、変形性膝関節症を招きやすい要因

生活習慣以外での、変形性膝関節症を招きやすい要因としては、加齢・性別なども挙げられます。

まず加齢についてですが、年をとればとるほど骨も軟骨も筋肉も衰えてしまうという自然な現象があるため、どうしても年をとるごとに変形性膝関節症のリスクは増してしまいます。

また、女性は、女性であるというだけで変形性膝関節症のリスクが高いですね。

骨も筋肉も男性より貧弱である上に、閉経後は女性ホルモンの分泌も激減してしまう、というのが、その理由と考えられます。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに