膝に負担をかけないウォーキング

reaf 運動療法としてのウォーキング

「歩くと膝が痛いから、膝が痛い場合はウォーキングはやらない方がいい」と思っている人も多いようですが、実はウォーキングというのは、変形性膝関節症の運動療法のひとつにも取り入れられているほど、膝の痛み緩和に役立つ運動です。

ただし、ウォーキングを膝の痛み緩和に役立てるためには「膝に負担をかけない、正しいウォーキングをマスターすること」が必須となってきます。

reaf ウォーキング前の準備とコース選び

まず、ウォーキングの前に、軽くストレッチや体操などをして体をほぐしておきましょう。

「どんな体操・ストレッチをすればいいのか分からない」という人は、ラジオ体操をするといいでしょう。

ただし、ラジオ体操のジャンプ動作だけはやらないようにして下さい。

そしてウォーキングのコースは、できるだけ勾配のない、平坦なコースを選びましょう。

reaf ウォーキングのコツ

膝に負担をかけない、正しいウォーキングのコツとしては、以下のようなものが挙げ られます。

  • 通常の歩行スピードより速く、歩幅も広めにして歩く。
  • 胸を広げて背筋を伸ばすことを心がける。
  • 下を見て歩かない。
  • 腕もしっかりと前後に振る。
  • ウォーキングシューズを履いて歩く。

以上のことを守って、20分程度のウォーキングをおこないましょう。

reaf ウォーキングの頻度

さて、ウォーキングと言えば「毎日やること」が基本、と思われていますが、実際のところは、あまり「毎日やる」というところにこだわると、かえって挫折しやすくなってしまいます。

運動療法としてのウォーキングは、週2〜3回程度でも効果が期待できますので、「ウォーキングは3日に1度のサイクルでやる」「ウォーキングをする曜日を決める」など、自分なりのメリハリをつけておこないましょう。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに