膝に疲れが溜まっている人のためのストレッチ

reaf 膝の疲れは痛みにもつながる!?

膝が痛がって座っているおじさん

「立ち仕事等で、膝に疲れは感じているけれど、今のところ痛みはほとんど感じないから大丈夫」などと、膝の疲れを放置している人が時々居ますが、実は、膝の疲れを放置するというのは厳禁。

なぜかというと、膝の疲れがひどくなると、ついつい、「重心をずらして立つ」「無意識のうちに膝を使わないようになる」など、不自然な姿勢や膝周りの筋肉の衰えを招き、それがいずれ膝の痛み発生につながってしまう可能性があるからです。

reaf 膝の疲れはその日のうちにとろう!

というわけで、膝の疲れを放置するのは厳禁。

その日に溜まった膝の疲れは、その日のうちにとっておきましょう。

膝の疲れをとるためには、太ももを伸ばすストレッチがおすすめ。太ももを伸ばすことで、膝周りの筋肉も自然な形でストレッチされるので、無理なく筋肉がほぐれるのです。

入浴後、床の上にうつぶせになり、「左右交互に膝を曲げ、お尻にかかとをつけるように膝を曲げる」というストレッチをやりましょう。

勢いをつけて膝を曲げるのではなく、ゆっくりと曲げるのがポイント。手で足を持ってでも、なるべく「かかとをお尻につける」というところまで曲げましょう。

しっかりとひざを曲げたら10秒静止して、その後、膝を元通り戻す、これを左右ともに5回ずつやるのがおすすめです。

reaf かかととお尻の距離が離れている人は要注意!

このストレッチ運動で、「手を使って頑張って膝を曲げても、お尻まで10センチ以上離れている」という人は、膝の疲れが溜まりすぎて、膝関節がかなりこわばっている状態ですので要注意。

こういう場合は、このストレッチ運動を「毎日、左右各10回」まで増やしてみるのがおすすめですよ。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに