「サンダルでの買い物」にご注意!

膝が痛い主婦

reaf サンダルで近所の買い物に出かけていませんか?

あなたは「ちょっとそこまで、近所の店に行くだけだから」という手軽な外出をする際、ついついサンダルを利用してはいませんか?

サンダルは「履いたり脱いだりするのに手間がかからない」ということで人気が高いのですが、実はそのサンダルが、膝の痛みを発生・悪化させてしまう可能性があるのです。

reaf サンダルで歩くことのデメリット

なぜ、サンダルが膝の痛みを発生・悪化させてしまう可能性があるのかというと・・・

サンダルというのは、基本的に「足先で履き物(サンダル)を引っかけて歩く」というスタイルになるので、普通の靴を履いて歩くよりも、歩行姿勢そのものが不自然で不安定になるからです。

また、サンダルはヒールが硬いので、着地時の足への衝撃が強いのも大きなデメリットですね。かといってヒールがやわらかいサンダルでは、「履き物をつま先で引っ掛けて歩く上に、ヒールがぐらつく」という状態になり、歩行がますます不安定になってしまいます。

たとえ「近所への買い物」程度の外出での使用であっても、それが毎日のように繰り返されると、膝にかかる負担はどんどん蓄積されていきます。

ちょっとした外出であっても、きちんと靴を履くよう心がけましょう!

reaf 大きすぎる靴にも要注意

さて、膝の痛みリスクを減らすためには「サンダルをやめて靴を履くのが正解」ということになるのですが、かと言って「じゃあ、簡単に足が入れられる、大きな靴を選ぼう」などと考えるのは禁物です。

サイズが大きすぎる靴は、かかとに靴がちゃんとひっかからないため、結果的にサンダル履きと大差ない不自然・不安定な歩行姿勢になりがちです。

もちろん、靴のかかとを踏んで歩くのも、同様の理由でNGです。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに