変形性膝関節症の意外なサインとは

元気に説明する主婦

reaf サインは痛み・こわばり・だるさだけではない!

変形性膝関節症のおもなサインと言えば、膝の痛み・こわばり・だるさなどが挙げられます。

また、膝関節の腫れも、変形性膝関節症の症状として有名ですね。

しかし・・・痛みやこわばり、だるさ・腫れの症状がないからと言って、「私は変形性膝関節症じゃないから、安心」と油断してはいけません。

実は他にも「意外なサイン」が存在しているんですよ。

reaf O脚になっていませんか?

では、変形性膝関節症の「意外なサイン」とは何なのかというと・・・、O脚です。

「かつてはO脚ではなかったのに、少しずつO脚になってきている」という人は要注意。これは、「膝関節の変形で骨格がゆがんでO脚になった」という可能性があるのです。

O脚のやっかいな所は、「ひどいO脚でなければ、痛みが発生しないことも多いので自覚しにくい」ということ。ですが膝関節の変形からのO脚を放置すれば、いずれ痛みの症状が出てくるのはほぼ確実ですから、早めにO脚改善の対処をすることが大切になってくるのです。

reaf O脚かどうかのチェックポイント

O脚かどうか、自分で簡単にチェックする方法としては、「靴のかかとのすり減り方を見る」という方法があります。

「靴のかかとの、外側ばかりがすり減っている」という場合は、O脚である可能性がかなり高いですから、O脚の矯正を検討することをおすすめします。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに