冬場の膝の痛みには足湯がおすすめ!

膝が痛がって座っているおばさん

reaf 冬場は関節痛がひどくなるのはなぜ?

寒い冬場になると、膝をはじめとした関節痛の痛みがひどくなる、という人は少なくありません。

なぜ、冬場になると関節痛がひどくなるのかというと、これは寒さによる血管収縮と、筋肉の緊張が大きな理由として挙げられます。

血行の悪さで酸素や栄養が筋肉に行かず、筋肉も「酸素&栄養不足で老廃物ばかりが残る」というような形でこわばってしまうため、関節の動きがスムーズにいかなくなるのです。

reaf 冬場は足湯で膝関節をほぐそう!

というわけで、冬場の関節痛は「寒さを取り除いて、血行を促進する」ということが大切になります。そして、膝関節の血行を促進するための手段としては、足湯がおすすめです。

ただし、足湯はやり方によって、下半身の温まり方に大きな差が出てきます。膝関節までしっかり温め効果を出すには、ちょっとしたコツが必要ですよ。

reaf 膝関節まで温める足湯のやり方

膝関節まで足湯でしっかり温めるには、以下のポイントを守ることが大切です。

  • お湯を入れる容器は洗面器ではなく、バケツなど深めのものにする。
  • 容器に入れるお湯の量は、くるぶしが隠れるぐらいまで。
  • 最初に入れるお湯の温度は38〜39℃。
  • 熱めのお湯を入れたポットを横に用意しておく。
  • 膝には膝掛けをかけ、足湯のスチーム効果を逃さないようにする。
  • お湯に足を入れたら、熱めのお湯で数分ごとに差し湯をして、少しずつ容器内のお湯の温度を上げる。最終的には、お湯の温度が43℃ぐらいになるまで差し湯をする。

これらのポイントを守って足湯をすれば、膝関節までしっかり温まりやすくなります。特に「足湯のお湯の温度を、差し湯で少しずつ上げていく」というのが、膝までしっかり温める最大のポイントとなりますので、差し湯のためのポットは必ず用意して下さいね。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに