膝が「痛くないけどカクカクする」は黄信号!

元気に説明する主婦

reaf あなたの膝、カクカクしていませんか?

あなたの膝は「痛みなどの症状は出ていないけど、曲げ伸ばしの際にカクカクした感じがある」という状態ではありませんか?

もし、そんな状態であるなら、放置は禁物。

なぜなら、その「膝のカクカク感」は、変形性膝関節症の前兆とも言える症状だからです。

reaf 膝関節に異常がなければ、「膝のカクカク」は起こらない

膝のカクカク感の正体は、実は「膝関節の微妙なズレによるひっかかり」です。膝関節というのは、かなり複雑な構造をしているので、「無理な動きでちょっとしたズレが生じる」などといった理由でひっかかりが起きやすい関節なのです。

この「ひっかかり状態」は、膝関節のどこかで小さな異常が起こり、骨同士・軟骨同士が摩擦によって、急速に摩耗してしまう第一段階の症状なのです。

カクカク感があるだけで、まだ痛みがない状況であれば、医師による関節の矯正などでズレ・ひっかかりを正常な状態に戻し、急速な骨・軟骨の摩耗をストップすることが可能です。

ですがそのまま放置すれば、やがて「痛みを感じるところまで摩耗が進行する」という状況になり、そこまで摩耗すれば膝関節そのものも大きく変形してしまい、立派な(?)変形性膝関節症へと悪化してしまうのです。

だからこそ「カクカクした感はあるけど、痛くないから大丈夫」などと甘く見るのは絶対に禁物、ということですね。 「そもそも、膝関節が本当に正常であれば、カクカクすること自体がありえない」ということを理解しておきましょう。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに