やってみよう!テニスボールで膝の痛み対策

元気に説明する主婦

reaf テニスボールで膝の痛みが軽減できる!?

あなたの自宅に、テニスボールはありますか?硬式・軟式、どちらのテニスボールでもかまいません。

もしテニスボールがあるなら、ぜひ、それを膝痛対策に活用してみましょう!まずは軽く足のストレッチをして、膝関節の筋肉をある程度ほぐしてから、これから紹介する膝痛対策法をやってみて下さいね。

reaf 硬式テニスボールを使った膝痛対策

では、硬式テニスボールを使った膝痛対策をご紹介しましょう。

  • まず、片方の膝の裏に、テニスボールをはさみます。
  • そして、テニスボールをはさんだままの状態で膝をぐっと曲げ、さらに両手で足を抱え込むようにして「膝裏のテニスボールに強い圧力を与える」という意識で、30秒ほどしっかりはさみます。膝裏にボールをはさんでいる間は、できるだけ深い呼吸を心がけて下さい。
  • 片方の足が終わったら、数回の深呼吸でリフレッシュタイムをとり、もう片方の足でも、同じようにやってみましょう!

reaf 軟式テニスボールを使った膝痛対策

軟式テニスボールを使った膝痛対策は、とても簡単です。

  • 両方の膝の裏に軟式テニスボールをはさみこみ、その状態で5分間正座するだけ。
  • 正座に慣れていなくて「5分もずっと正座をしているのはキツイ」という人は、小休止をはさみながら、「トータルで正座の時間が5分以上になる」というようにするといいでしょう。
  • 逆に「もっと長く正座できる」という人であれば、10分くらいやってもらってもOKです!

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに