「アロエを飲むと膝の痛みが軽くなる」は本当?

説明する医師

reaf 民間療法では「アロエを飲むといい」というが・・・

あなたは、「アロエをすりつぶして飲むと、膝の痛みが軽くなる」という民間療法を聞いたことがありませんか?

実際、ネット上では「アロエを飲んで関節痛が軽くなった」などといった趣旨の感想も複数寄せられています。アロエの血行促進作用や、ネバネバ成分による保湿効果などが、膝の痛みをやわらげてくれると考えられますね。

ですが、「じゃあ、うちにもアロエがあるからさっそく飲んでみよう!」というのは、ちょっと待って下さい。アロエを毎日飲み続けるというのは、実はリスクが高い行為なのです。

reaf アロエは腸に負担をかける!?

なぜ、アロエを毎日飲み続けるとリスクが高いのかというと、実はアロエには、腸に大きな負担をかけるという側面があるからです。

アロエは、「便秘を治す」という効能があることでも有名ですが、その作用は「腸を強く刺激して、ぜん動をうながす」という、便秘薬の成分と同等の作用なので、毎日アロエを摂取すると、まるで毎日便秘薬を飲んでいるかのように、腸がこき使われて疲れてしまう可能性が高いのです。

膝に対して悪い作用がある、というわけではありませんが、長く飲み続けると腸へのダメージが心配になる、というわけですね。

reaf アロエは「膝の打撲」などの際に使おう!

というわけで、膝の痛み対策としてアロエを飲み続けることはおすすめできないのですが、アロエは「外用薬代わり」としてなら、ある程度は使えます。

たとえば、膝を打撲してしまい、多少腫れがある場合などは、すりつぶしたアロエを患部に塗りつけて、数十分放置してから洗い流すと、アロエの抗炎症作用で、腫れを緩和できる可能性があります。

ただし、皮がめくれている時は、そこにアロエを塗るとただれ・かぶれ等の発生リスクが高まるので使わないで下さい。「腫れの症状があるが、皮膚は破れていない」という、限られた条件でのみ、使えるものなのです。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに