朝食でカルシウムをたっぷり摂るコツ

元気に説明する主婦

reaf カルシウムをたっぷり摂って関節を守ろう!

膝などの関節を守るためには、グルコサミンやコンドロイチンなどの軟骨成分を摂取することも大切ですが、骨そのものを作るのに欠かせないカルシウムの摂取をすることも大切です。

さて、日本人の食生活を見てみると、ほとんどの人が夕食をメインの食事としており、朝食にいたっては「パンとコーヒーだけ」という軽い食事や、「食べない」という状態で済ませている人も少なくありません。

しかし、カルシウムをしっかり摂って骨を守るためには、朝食でもカルシウム食材を摂ることが大切。ランチと夕食だけでは、カルシウムはどうしても不足しがちなのです。

reaf パン系朝食での工夫

「朝食はパンを食べる」という人は、「パンの上にケチャップを塗り、その上にスライスチーズをのせてさらにパルメザンチーズをふりかけ、オーブントースターで焼く」というのが、カルシウムの手軽な摂取手段としておすすめです。

さらに「ヨーグルトにきな粉を入れる」というのも追加できれば理想的ですね。

reaf ご飯系朝食での工夫

「朝食はご飯を食べる」という人は、まず、おかずに魚類もしくは豆腐や納豆などの大豆食品を使うようにしましょう。

そして、ご飯には、サクラエビ・じゃこ・黒ゴマを混ぜたオリジナルふりかけをかけるといいでしょう。

reaf 「朝食は食べない派」の人の工夫

「忙しいから朝食は食べない」という人は、せめて飲み物だけでも飲むようにしましょう。

カルシウム飲料の代表格である牛乳を飲む、というだけでも構いませんが、できれば、牛乳+バナナ+小松菜をミキサーにかけておいしいスムージーを作って飲んだほうが、飲みごたえがあり栄養バランスも良くなります。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに