「消炎鎮痛薬はただの一時しのぎ」説は正しいのか?

reaf 膝の痛み軽減に役立つ消炎鎮痛薬は、ただの一時しのぎ?

説明する医師

膝の痛みが気になる人が、よくお世話になる薬と言えば、湿布薬やゲル・クリームなどの「消炎鎮痛薬」ですね。

病院から処方されるものだとロキソニンテープやモーラステープ、市販のものだとサロンパスやフェイタスやバンテリンなどが特にポピュラーといったところでしょうか。

これらの消炎鎮痛薬は、確かに「膝の痛みを軽減するのには大いに役立つ」と言えますね。

しかしその反面、消炎鎮痛薬に対しては「しょせんは痛みをごまかすだけの一時しのぎにすぎない、膝の症状そのものが治るわけではない」という、厳しい意見もよく出ます。

ですが、その「一時しのぎだけしかできない」説は、本当に正しいのでしょうか?

reaf 実は膝関節の軟骨を守るのにも役立つ!

では、結論を言いましょう。 消炎鎮痛薬の効果は、「ただの一時しのぎ」だけではありません。

実は「消炎作用によって、炎症の悪化による関節軟骨の破壊を防止する」という、非常にありがたいメリットもあるのです。

つまり、単に「その場の痛みを軽減する」というだけでなく「膝関節の軟骨の悪化そのものを食い止めてくれる可能性がある」というわけですね。

このメリットがあるからこそ、「膝関節に強い痛みがあるのに、消炎鎮痛薬の使用をガマンする」ということは、絶対におすすめできないのです。

痛みを無理にガマンしていると、関節軟骨の炎症による破壊リスクが高まるだけでなく、「痛みから膝をかばうために姿勢や動きが不自然になり、それがさらに膝関節に強い負担をかける」という悪循環にもなりかねませんよ。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに