膝のスナッピング現象にご注意!

reaf 膝がきしみませんか?

説明する医師

あなたは「膝を、ある角度以上に曲げると、膝がギシギシときしむ」「膝を深く曲げた時に振動のようなものを感じる」という感覚を持ってはいませんか?

しかも、その膝が、「いつもきしむけど、力を入れればそのままグッと曲げられる」という状態であれば要注意。

それは、膝がスナッピング現象(バネ現象)を起こしている可能性が高いと考えられます。

reaf 膝のスナッピング現象の怖さ

膝のスナッピング現象は、「ちょっと頑張れば曲げられるから」ということで放置する人も多いのですが、これが最大の間違い。

実は、スナッピング現象が出ている膝は、半月板損傷が起こっている可能性が高いのです。「力を入れれば曲げられるから」といって、無理を繰り返してしまうと、じわじわと半月板の損傷がひどくなってしまいます。

イメージとしては「ごく小さなひび割れのようなものが、少しずつ増えていく」という感じです。ごく小さなひび割れも、増えれば増えるほど、半月板をボロボロにしていきます。そして、積もりに積もったダメージのせいで、ついには半月板の断裂が起きてしまう、という可能性も出てくるんですよ。

reaf 半月板損傷は「進行させないこと」が一番大事!

半月板というのは、現代の医学では「一度損傷してしまうと、元には戻せない」という状態です。

ですから、膝のスナッピング現象に気付いたら、いち早く「無理に曲げる」といったことをやめ、医師の治療を受けて、今ある半月板の保護・損傷の悪化防止につとめることが大切なのです。

「きしみがあるぐらい、大したことない」などと軽く見るのは禁物、ということですね。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに