膝が急に熱をもち腫れて痛い、これは何の症状?

reaf 急な痛み・熱・腫れをともなう膝の症状で疑われる病気はこれだ!

説明する医師

これまで痛くなかった膝が急に痛み、さらに膝を触ると熱をもっていて、しかも腫れている、という症状が出た場合、可能性が高い病気として挙げられるのが、「化膿性関節炎」と「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」です。

いずれも、黄色ブドウ球菌などの細菌感染によって起こる病気で、化膿性関節炎は関節部分に炎症が起こり、蜂窩織炎は、別名蜂巣炎(ほうそうえん)ともいい、膝の皮膚の部分から皮下脂肪の部分に炎症が起こります。

この2つの感染症のやっかいなところは、「膝をすりむくなど、膝部分にケガをした時だけでなく、他の部分のキズや、水虫による皮膚の破れなどから菌が入った場合でも、血流にのって、膝部分がこうした感染症を引き起こすこともある」ということです。

どちらも、放置すると痛みや腫れがひどくなるだけでなく、「感染症の範囲が広がってしまう」というリスクが出てきますので、早急に整形外科で診てもらうことをおすすめします。

ちなみに治療法については、どちらも、通院による抗生物質処方や点滴等をするのが一般的です。

reaf 捻挫と症状が似ています!

化膿性関節炎と蜂窩織炎、この2つの感染症の症状は、捻挫とかなり症状が似ているため、捻挫と勘違いされるケースも少なくありません。

「膝をひねった」などの心当たりがあれば、真っ先に捻挫を疑うのが当然ですし、それでいいのですが、そうした心当たりもなく捻挫のような症状がいきなり出た、ということであれば、これらの感染症の可能性も大いにあると言えます。

膝をひねったりした覚えもないのに、「ああ、この痛みは捻挫だろうな、心当たりはないけど、たぶん知らないうちに痛めちゃったんだろうな」と、勝手な自己判断で、自宅で市販の湿布薬等での治療を続けようとするのはダメです。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに