運動で膝を痛めないためには、どんな準備運動をすればいい?

reaf 運動で膝を痛めやすい人の特徴

元気に走る夫婦

適度な運動をするというのは、膝周りの筋肉を鍛えて膝関節を守るために非常に大切なことですが、「ウォーキング程度なら問題ないけど、ちょっと走ったり跳んだり、球技を楽しんだりすると膝を痛めてしまう」という人も少なくありません。

特に、普段はデスクワークなどで体をほとんど動かさない人が、たまの休日にちょっと運動をすると、膝を痛めてしまうというケースは多いです。

こうした人は「膝関節に柔軟性がないから痛めるんだ」と思って、膝のストレッチばかりを入念にする傾向がありますが、それだけではダメ。

実は、「足首の固さ」が、膝を痛める主原因となっていることも多いのです。

足首が固く柔軟性に欠けていると、運動による負荷・衝撃のほとんどが膝に集中してしまうので、痛めやすくなるのです。

reaf 足首回しと曲げ伸ばしはじゅうぶんに!

というわけで、運動時に膝を痛めやすい人は、運動前に足首周りを良くほぐしておくことをおすすめします。

イスなどに座った状態で、足首を右回転・左回転にゆっくり大きく10〜20回ほど回し、次は足首を「できるだけ手前にぐっと曲げてから、次はできるだけまっすぐ伸ばす」という曲げ伸ばし運動を10回おこないます。

そして仕上げに、立ちあがってアキレス腱伸ばしのストレッチをしましょう。こうして足首をじゅうぶんにほぐしておけば、着地時などの衝撃を足首がクッション代わりとなって和らげてくれるので、膝にかかる負担を大きく軽減することができますよ。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに