外反母趾と膝の痛みの関係

reaf 外反母趾を放置すると膝まで悪くなる!

元気に歩く夫婦

足の親指のつけ根の関節が、外側に「くの字」の状態に曲がってしまう外反母趾。

見た目の悪さが気になりつつも、「今のところ、きつい靴さえ履かなければ特に痛みは感じないから」と、外反母趾を治療せず放置している人も少なくありません。

しかし、外反母趾を放置するのは大問題! 「外反母趾は放置していても改善する」ということは絶対にありません。人によって悪化のペースは違いますが、ほぼ確実に悪化の一途をたどります。

「見た目の変形は悪化しているけど、外反母趾部分に特に痛みは感じない」という状態であっても、実は、その他の関節で痛みや変形が起こるリスクがどんどん高まっていくんですよ。

そして、外反母趾によって痛みや変形が発生しやすい関節の筆頭格として挙げられるのが、膝関節なのです。

reaf 外反母趾で膝関節に悪影響が出る理由

外反母趾で、なぜ膝関節に悪影響が出るのかというと、これは「外反母趾による親指の変形で、足の裏で体重や衝撃を支えるバランスがおかしくなってしまう」という理由が挙げられます。

親指部分は特に、歩行などで大きな負荷がかかる部分。 ここが外反母趾でゆがんでしまっていると、重心の位置がずれてしまったり「親指の柔軟性で衝撃をうまく分散することができない」などといった理由で、膝関節への衝撃負荷が大きくなってしまい、膝関節に痛みや変形が生じてくるようになるのです。

「膝が痛いけど膝関節にはおかしいところがない」という状態で、原因不明の膝の痛みに苦しめられてきた人はぜひ、自分が外反母趾でないかどうかを確認して下さい!そして、もし外反母趾であるなら、その治療をすぐにおこなうべきです。

また、「今のところ、膝も特に痛くない」という人であっても、外反母趾だという自覚がある状態なら、今後の関節トラブルを予防するためにも、なるべく早めに治療することをおすすめします。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに