試す価値あり!膝の反射区刺激

reaf 膝を直接マッサージすると痛い人には反射区刺激がおすすめ!

元気に説明する主婦

こわばった膝関節をほぐすためにマッサージをしたいけれど、直接膝をもむと痛みがあってキツい、という人は「膝の反射区」を刺激する、という手を試すことをおすすめします。

反射区とは、体の各器官などにつながる末梢神経が集まっている場所。

つまり、膝の反射区を刺激すれば、その反射区の末梢神経の刺激効果が膝まで伝わる、というわけですね。

ツボ刺激と少し似たイメージがありますが、ツボ刺激はピンポイントの「点」であるのに対して、反射区は「区」だけあって、ツボよりも少し広い範囲を刺激するというのが特徴です。

reaf 膝の反射区はここだ!

ではさっそく、膝の反射区をご紹介しましょう。

まず、効果が高い反射区としておすすめなのは、足の側面。外側のくるぶしから下がったあたりのエリアです。膝の痛みが強い人は、この反射区を押した時も、ある程度の痛みを感じるはずです。

「側面の骨をしっかりと押す」というイメージで刺激しましょう。また、側面から足裏にかけて、つまむような形でギュッともむ、というのも効果的です。

膝の反射区はこれだけではありません。 小指の第二関節にも膝の反射区がありますので、「とにかく分かりやすい反射区がいい」という人は、小指第二関節のもみほぐしをするといいでしょう。

ちなみに、どちらの反射区も、以下のコツを守ると、より刺激効果が高まりますので参考にして下さいね。

  • 痛みが強いほうの足の反射区を、よりしっかりともむ。
  • 反射区を刺激する前に入浴や足湯などで足を温めておく。
  • 反射区はツボ刺激よりも長時間、じっくりもみほぐす。

reaf サプリメントの先進国アメリカで選ばれている、ひざ痛サプリ成分『MSM』とは?

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに