ミルキングを活用して膝痛の悪化を予防しよう

販売や調理、工場での作業など、1日の大部分を立ったままという職業の方で、膝の慢性的な痛みに悩んでいる方は多いと思います。そんな立ち仕事ばかりで膝の痛みを感じているという場合は、今後悪化する可能性があるので要注意です。

だからといってデスクワークに仕事換えてもらったり転職するということが簡単にできる世の中ではありません。現実的な対策として第一に思い浮かぶのはサポーターの着用ですが、膝の痛みと悪化を緩和させる程度で根本的な解決に至らない場合があります。

そこで今回はなぜ立ちっ放しでいると膝が痛くなるのかについて考えた上で対策を立ててみたいと思います。

ただ立っているだけで、なぜ、軟骨が磨り減るのか?

元気に説明する主婦

膝の痛みの原因は、膝軟骨が磨り減ってしまうことで、これは加齢によるものというよりは、人生においてこれまでどれだけ膝に負担をかけてきたかということです。

歩いたり走ったりして、着地した瞬間に体重の何倍もの重力が膝に圧し掛かってしまうことが、膝痛の大きな原因であるとお考えの方が多いと思いますが、意外や意外、歩いたり走ったりしないで立っているだけの時間が長い場合も、想像以上に膝を悪化させてしまうのです。

膝関節は大腿骨(膝の上側)、脛骨・膝蓋骨(膝の下側)で形成されており、骨と骨が接している部分は関節軟骨で覆われクッションの役目を果たしておりますが、ふだん立っている時間が長い方は、膝に体重がかかっている状況にもかかわらず、関節軟骨に必要な「関節液」が行き届かなくなってしまっております。

reaf 関節液とミルキング

膝関節は関節包という袋に包まれていて、その内側に滑膜という膜があります。この滑膜から分泌され潤滑油の役目をしているのが「関節液」で、関節軟骨に栄養を届ける役割も果たしております。

関節軟骨に「関節液」を送り込む(浸透させる)には、膝関節内に圧力を繰り返しかける「ミルキング」という動作が必要です。

膝を伸ばした立ちっ放しという状態は、このミルキングが行われず、関節軟骨に関節液が浸透しませんので、栄養が届かず軟骨の機能が低下。立ちっ放しの状況が続くと、膝が悪化するということになってしまうのです。

立ちっ放しの方が膝痛の悪化を予防する方法

座りっぱなしで腰痛の方に対し、時々席を立ってストレッチをするといいという話と同じで、「同じ姿勢を続けない」ということです。

仕事の合間を縫ってストレッチを行い、ミルキングを行えればベストですが、そうもいかない場合は、同じ位置で立ったまま行える範囲でかかとを上げて膝を軽く曲げ伸ばししてみてはいかがでしょうか。

できる範囲でできることを小まめに、できれば習慣的に行えれば、ミルキング効果が期待できるでしょう。

reaf サプリメントの先進国アメリカで選ばれている、ひざ痛サプリ成分『MSM』とは?

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに