DICライフテック ロコモリッチ

DICライフテック ロコモリッチについて独自調査。評判なども併せて解説します。

DICライフテック ロコモリッチ

DICライフテック ロコモリッチは、有効成分の種類が豊富な関節系サプリ。 グルコサミンとコンドロイチンだけでなく、ヒアルロン酸・2型コラーゲン・5-ロキシン・フィコシアニンなども摂取することができます。

これらの成分の中で、他の関節系サプリではあまり見られない珍しい成分と言えるのが、5-ロキシンと、スピルリナに含まれているフィコシアニンでしょう。

まず、5-ロキシンについてですが、こちらはボスウェリアセラータという木の樹脂から摂れる成分で、「炎症の原因となる酵素の活性化を抑制することによる、高い抗炎症作用」が期待できます。

そしてフィコシアニンについては、こちらも抗炎症作用がある程度期待できるだけでなく、フィコシアニンを含むスピルリナに豊富な栄養がありますので、それによる免疫力アップなどの作用も期待できます。

DICライフテック ロコモリッチの特徴をごく簡単に言えば、「関節系サプリの成分に、栄養系サプリの要素も少し足した感じ」というところでしょうか。

reaf コンドロイチンの含有量は少ない

というわけで、DICライフテック ロコモリッチは、豊富な種類の有効成分が摂れるサプリだと言えますが、その含有量にはちょっと不安が残ります。

まず、グルコサミンについては、1日でN-アセチルグルコサミン500mgが摂れるようになっています。 これは一見、かなり少ないように見えますが、一応理論上では「N-アセチルグルコサミンは、普通のグルコサミンの約3倍身につきやすい」と言われているので、その理論を信じるのであれば、この配合量は妥当と言えるでしょう。

しかし、コンドロイチンのほうは1日あたり、たったの20mgとなっており、これは本当に少ないと言わざるを得ません。

reaf ワーファリンを飲んでいる人には不向き!

DICライフテック ロコモリッチの原材料のひとつである、フィコシアニン含有スピルリナには、ビタミンKも多く含まれています。

このビタミンKは、血栓予防のための薬であるワーファリンと非常に相性が悪く「ワーファリンの効果を激減させてしまう」という要素を持っているんですよ。

ですから、DICライフテック ロコモリッチは、ワーファリンを服用している人には不向きなサプリであると言えますね。

>> DICライフテック ロコモリッチ 公式サイト

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに