epier(エピエ)海軟骨の力 プロテオグリカン

epier 海軟骨の力 プロテオグリカンについての独自見解。評判なども調査して掲載します。

reaf 関節軟骨成分のすべてをサポート!?

epier 海軟骨の力 プロテオグリカン

epier 海軟骨の力 プロテオグリカンは、「軟骨成分を全て配合」とメーカー側が絶対の自信を持って販売している関節系サプリ。

プロテオグリカン・2型コラーゲン・グルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸が配合されており、確かに「関節軟骨を構成する主成分のすべてが配合されている」と言えます。

ただ、このサプリには、表記の面で気になる部分がいくつかあるんですよね。

reaf 配合量の表示がまぎらわしい!

epier 海軟骨の力 プロテオグリカンについての表記の面で気になる部分はどこかというと、まず、「プロテオグリカンの含有量について」です。

公式サイトには「1日3粒あたりプロテオグリカン75mgを配合」という趣旨の記述がありますが、パッケージをよく見てみると、75mgというのは、「プロテオグリカンを含有しているサケ鼻軟骨抽出物の量」であることが分かります。

サケ鼻軟骨抽出物が100%プロテオグリカンでできているわけではないので、プロテオグリカンの本当の含有量は75mgではない、ということですね。

もちろん、プロテオグリカンそのものの量も、1日の推奨量である5mgは余裕で超えているであろうということは分かりますが、メーカーが公式サイトにこうしたまぎらわしい記述を堂々とする姿勢はいかがなものか、と思います。

reaf コラーゲンは非変性タイプではない

あともうひとつ、epier 海軟骨の力 プロテオグリカンの表記の面で気になるのが、「このサプリに配合されているコラーゲンは、あくまでただの2型コラーゲンとしか書かれていない」という点です。

つまり「非変性2型コラーゲンではない」ということです。

非変性2型コラーゲンと、ただの2型コラーゲンとでは、大きな差があるんですよね。非変性2型コラーゲンは、成分が分解されず完全な形を維持しているので、軟骨への直接の働きかけが大いに期待できるのですが、普通の2型コラーゲンは抽出時点で成分が分解・変性してしまっているのです。

配合量こそ150mgと、じゅうぶんすぎるほどの量がありますが、変性してしまうただの2型コラーゲンは、摂取してもそれほど意味がない、とも言われます。量はもっと少なくてもいいので、ちゃんと非変性型を配合してほしいところですね。

>> epier(エピエ)海軟骨の力 プロテオグリカン 公式サイト

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに