樋屋製薬 ロコモアクティブ

樋屋製薬 ロコモアクティブについて独自調査。評判・口コミなども併せて解説します。

reaf 「ひやきおーがん♪」の製薬会社が作った関節系サプリ

樋屋製薬 ロコモアクティブ

樋屋製薬 ロコモアクティブは「ひやひやひやの、ひやきおーがん♪」のCMでよく知られる、樋屋奇応丸を製造している製薬会社・樋屋製薬が作っている関節系サプリです。

樋屋製薬の販売部門会社である「樋屋奇応丸株式会社」がネット販売を担当しているだけでなく、樋屋奇応丸の知名度を武器に、全国のドラッグストアなどに積極的に販売展開をしていますので、手軽に入手しやすいのが大きなメリットです。

さて、このロコモアクティブは、一般的な関節系サプリとは成分構成がかなり異なっています。

関節軟骨構成成分としてグルコサミンとコンドロイチンが一応は配合されているのですが、ロコモアクティブはそれよりも、骨を丈夫にするための成分を重視しているというのが特徴的です。

カルシウムとともに摂取すれば、骨の成長や骨密度アップの作用が期待できる特許成分ボーンペップを配合。そのボーンペップとタッグを組むためのカルシウム源としての卵殻粉末やカルシウムの吸収率を高めるためのビタミンDなども配合されています。

ロコモアクティブの特徴的な成分と言えばもうひとつ、筋肉疲労の予防作用などが期待できるバレニンが配合されている点も注目ポイントですね。

「骨と筋肉を守る」という視点が強い関節系サプリと言えるでしょう。

ちなみにロコモアクティブは価格面の魅力も高く、有名メーカー製でありながら1ヵ月分税別2750円という、かなりのリーズナブル価格となっています。

reaf ビタミンD以外は含有量が不明

樋屋製薬 ロコモアクティブは、「有名な製薬会社が作った関節系サプリでありながら価格はリーズナブル」というのが魅力ですが、肝心の成分の含有量については、なかなかのモヤモヤ感が残る、というのが現実です。

というのも、ロコモアクティブに配合されている有効成分の中で、含有量が表示されているのはビタミンDのみなんですよ。

他の有効成分については「鯨抽出物の中にバレニンを含む」などといったあいまいな情報しかなく、どれだけ含有されているのか分からないのです。

1日あたり、313mg(内容量は250mg)のカプセルを2粒飲むだけですから、この中身がすべてグルコサミンとコンドロイチンであったとしても、とうてい足りません。

ですから少なくとも、関節軟骨構成成分の配合量は期待できないレベルであると言わざるを得ないでしょう。

また「貝殻粉末が入っているからカルシウムサプリ代わりに」という解釈も、このカプセル内容量では厳しいですね。

>> 樋屋製薬 ロコモアクティブ 公式サイト

reaf サプリメントの先進国アメリカで選ばれている、ひざ痛サプリ成分『MSM』とは?

管理人・高橋

当サイト管理人1・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに