クラシエ薬品 ファイブロキシン150

クラシエ薬品 ファイブロキシン150について独自調査。評判・口コミなども併せて解説します。

reaf 抗炎症成分・ファイブロキシンの量が多い!

クラシエ薬品 ファイブロキシン150

クラシエ薬品 ファイブロキシン150は、高い抗炎症作用が期待できるファイブロキシン(ボスウェリアセラータ樹脂)の配合量が多いという特徴を持つサプリです。

そもそも、関節系サプリでファイブロキシンを配合しているサプリ自体、なかなか珍しいんですよ。

そんな珍しいファイブロキシン配合の関節系サプリのひとつとして、あの有名な「皇潤プレミアム」が挙げられますが、皇潤の場合「配合量は企業秘密」ということで公表しておらず、ハッキリ言えば、かなり少ない含有量であることが推測されます。

また、皇潤プレミアム以外のファイブロキシン配合サプリを見ても「せいぜい100mgもあればいいところ」という感じになっていますので、150mgというのは、かなりの高配合であることは間違いありません。

クラシエ薬品 ファイブロキシン150の特徴と言えばもうひとつ「西洋ヤナギ乾燥エキスを配合している」というのも挙げられますね。

西洋ヤナギは抗炎症・鎮痛作用が期待でき、海外では古くから民間療法に使用されてきた成分です。この成分が配合されている関節系サプリというのも、なかなか珍しいですよ。

つまりこのサプリは、「炎症抑制と鎮痛に重点を置いた、ちょっと珍しい成分配合がなされている」と言えます。

reaf 関節軟骨構成成分の配合量は貧弱?

クラシエ薬品 ファイブロキシン150は、豊富なファイブロキシンに、西洋ヤナギもプラスしていることで、高い抗炎症作用や鎮痛作用が期待できるサプリと言えますが、関節系サプリとして、ぜひともほしい成分である関節軟骨構成成分については、残念ながら配合が貧弱ですね。

グルコサミンの配合量の記載はありませんし、コンドロイチンにしても「サメ軟骨抽出物含有末を200mg配合している」というあいまいな記載があるだけ。

サメ軟骨抽出物含有末は、100%コンドロイチンというわけではなく、あくまで「この中にコンドロイチンが含まれている」というものですから、実際のコンドロイチン含有量は、200mgよりもずっと少ないということです。

価格は1ヵ月分税別3980円というお手頃価格ではありますが、「あくまで抗炎症・鎮痛がメインであり、関節軟骨構成成分による作用はそれほど期待できない成分内容である」ということは理解しておいたほうがいいでしょう。

>> クラシエ薬品 ファイブロキシン150 公式サイト

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに