ポリホス化学研究所 ウルソ・アップルファイバー

ポリホス化学研究所 ウルソ・アップルファイバーについて独自調査。評判・口コミなども併せて解説します。

reaf リンゴのパワーを利用した関節系サプリ

ポリホス化学研究所 ウルソ・アップルファイバー

ポリホス化学研究所 ウルソ・アップルファイバーの主成分は、リンゴからとれるアップルファイバーを高配合した粉末サプリ。

原材料のほとんどがリンゴなのでおいしい味に仕上がっており、他の粉末タイプのサプリにありがちな「まずさ・エグみ」がないのが大きなメリットです。そのまま食べるのがOKなのはもちろんのこと、ヨーグルトや紅茶などに入れるのも好相性でおすすめですよ。

さて、「アップルファイバーの何が関節にいいのか」という点を疑問に思う人も多いでしょうが、アップルファイバーに豊富に含まれるウルソール酸は、筋肉をつくるDNAを活性化させて、筋肉の減少を抑制する作用があると言われています。

つまりこのサプリは「軟骨や骨をサポートするのではなく、それを支える筋肉をサポートする」という存在だというわけです。

アップルファイバーと同様にウルソール酸が豊富なローズマリー抽出物も配合することで「このサプリを1日2包飲むだけで必要なウルソール酸が摂取できる」という効率の良さを実現していますよ。

reaf 価格の高さと軟骨サポート成分がないのがネック

ポリホス化学研究所 ウルソ・アップルファイバーは、加齢などによる筋力低下をサポートするのにすぐれたサプリと言えますが、価格はかなり高いです。

1.5ヵ月分(90包)で、税別12000円。1ヵ月あたり、8000円ものコストが必要になってくるというわけですね。

高価格でありながら、このサプリの有効成分はウルソール酸のみですから、関節軟骨をサポートする成分などは一切期待できません。骨や関節軟骨に対して期待できる効果はせいぜい「筋肉によってしっかり関節を支えてもらえる分、骨や軟骨にかかる負担が少し軽減される可能性がある」という程度でしょう。

要は「筋力低下防止のためだけに、毎月8000円のコストをかけられるか」という点がネックなのです。

「コスト度外視で、おいしさ最優先で筋肉ケアをしたい」という考えの人には、このサプリは合うかもしれませんが、単に筋肉サポートをしたいという目的だけなら、少々まずくても、プロテイン粉末などを飲んだほうが安上がりになると言えるでしょう。

>> ポリホス化学研究所

reaf サプリメントの先進国アメリカで選ばれている、ひざ痛サプリ成分『MSM』とは?

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに