ヤマノ キャッツクロー-junsui-(純粋)

ヤマノ キャッツクロー-junsui-について独自調査。評判・口コミなども併せて解説します。

reaf キャッツクローとMSMをギュッと配合!

ヤマノ キャッツクロー-junsui-

ヤマノ キャッツクロー-junsui-(純粋)は、その商品名だけを見れば「キャッツクローだけが配合されているサプリかな」と思えますが、実はちょっと違います。

キャッツクロー高配合のサプリと言えば、「カプセルの中にキャッツクローの樹皮粉末だけを詰めた」というナチュラルインデックスのキャッツクロースーパーDXが挙げられますが、こちらのサプリは、キャッツクローの粉末だけでなくキャッツクロー抽出エキスも使用し、さらにMSMも配合している、という特徴があります。

キャッツクローは関節の抗炎症・鎮痛の作用にすぐれていますが、これだけだと「消炎鎮痛剤のような効果しか期待できない」という弱点ができてしまうので、そこに関節の破壊抑制作用が期待できる薬用植物のMSMを配合するということで、関節への働きかけの幅を拡げているというわけですね。

ちなみに、このサプリの1日分あたりのキャッツクローとMSMの配合量は記載されていませんが、1日分2カプセルの重量が約733mgあり、「関節炎に対して1日100mgのキャッツクローの経口摂取で、有意な結果が出ている」という趣旨の臨床試験結果が出ていることを考えると、キャッツクローの必要量はクリアできていると考えていいでしょう。

価格は1ヵ月分のボトルで、単品購入なら税込み4104円ですが、定期コースを選べば初回は税込み2800円、2回目以降も3693円という、なかなかのお手頃価格で購入できるようになります。

reaf 関節軟骨成分は摂れない

というわけで、ヤマノ キャッツクロー-junsui-(純粋)は、キャッツクローとMSM高配合で、なおかつお手頃な価格の関節系サプリを求める人にとっては魅力的と言えますが、その反面「このサプリで関節軟骨を構成する成分の摂取は一切期待できない」ということを理解しておく必要があります。

また、キャッツクローは安全性が高い成分ではありますが、実は「免疫抑制剤とは相性が悪い」という側面もありますので要注意。特に、このサプリはキャッツクローが高配合だからこそ、免疫抑制作用のある薬などを服用している人は、このサプリを飲む前に、「飲み合わせても大丈夫か」ということを医師に相談する必要がありますよ。

>> ヤマノ キャッツクロー-junsui- 公式サイト

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに