MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに

reaf アメリカではグルコサミンよりも人気が高いと言われるMSMサプリメント!はたしてこれで関節の悩みは解決されるのか!?

MSMという成分が欧米で流行っているというニュースを見て、以前から興味を持っておりましたが、日本ではその後あまり話題にはなりませんでした。現在(2014年10月時点)でもグルコサミンやコンドロイチンなどに比べるとMSMという成分名はあまり知られていません。

久光製薬の「MSM+グルコサミン」

しかしこの度、久光製薬という大手製薬メーカーが「MSM+コンドロイチン」というサプリメントを発売。

MSMを補助的に含むサプリメントはこれまでにもありましたが、1日あたり1800mgものMSMを摂取できるサプリメントを大手製薬メーカーが本腰を入れて開発したということで、今後注目を浴びることになりそうです。

>> 久光製薬の「MSM+コンドロイチン」について

reaf MSMとは

MSMの正式名称は、メチルスルフォニルメタン(methylsulfonylmethane)で、天然のイオウ化合物(有機硫黄の一種)。アミノ酸(システインやメチオニンなど)の構成要素となります。身体のあらゆる部分、特に軟骨、皮膚、血管、粘膜、つめ、髪の毛のコラーゲンなどの結合組織の柔軟性、弾力性を維持するために不可欠な成分です。

reaf MSMの摂取で期待されること

MSMを摂取した方々から下記のような報告がされております。

  • 体内のコラーゲンの柔軟性を高め、軟骨、皮膚、血管、粘膜、つめ、髪の毛の形成に働きかけます。
    実際に「体の節々のなめらかな動きには、期待できる」などという感想が寄せられております。
  • 体内各部位の弾力性に働きかけ、お肌のハリなど美容面でも実感。
  • ひざ痛、腰痛などの関節痛・関節炎、リューマチの痛みなどをやさしく包み込む。
  • 各種アレルギーのお悩みを緩和。
  • 便秘の正常化。

身体中のコラーゲンが若いころのように戻ったら!?

reaf 関節だけではなく、美容にも

MSMを摂取することで、軟骨のみならず、体中のコラーゲンの弾力性へのサポートが期待されます。関節やお肌、ツメや髪の毛を若い頃の状態で維持できるとしたら、これはアンチエイジング的には見逃せない成分といえそうです。

前述のいろいろと実感できる内容は、「イオウ温泉」の効能と似通っていることにお気づきかと思いますが、お肌から浸透させる以上に、このMSMを口から摂取して体内に送り込むことでさらなる実感を見込むことができます。

reaf MSMに副作用はないのか?

MSMには特に問題となるような副作用は報告されておりません。しかしあえて記すとすれば、ごくまれに以下の副作用が報告されております。万が一以下の症状が出たら、使用を一旦控えるか、量を減らして様子を見てください。

  • 便秘に働きかける一方、まれに、下痢・軟便の症状が出ることがありあます。
  • ごくまれに軽い頭痛を訴える方がいるということです。
  • 妊娠中の使用には問題ないことが報告されております。

これらの可能性を危惧する方においても、健康食品として規定の量を大きく超えて食さなければ問題ないということです。

【まとめ】
関節系の悩みをお持ちの方にとってMSMサプリメントとは?

  • グルコサミンと一緒に食することで、グルコサミンの働きをサポートする。
  • さらにプラスの作用として、コラーゲンの生成及び柔軟化に働きかける。
  • ひざ・腰など関節のお悩み解消に働きかける。

参考:Msm (Methylsulfonylmethane)/medicinenet.com
※海外サイト