筋肉の持久力を高める成分を発見、膝痛の痛み緩和に期待

説明する医師

膝の痛みを改善させる一つの方法として、膝まわりの筋肉強化が挙げられます。特に最近ではグルコサミンやコンドロイチンに加え、筋肉成分を含有したサプリメントが複数発売されるほど、膝痛対策として筋肉強化の重要性が注目されております。

さて、この筋肉強化のサポートに大きく貢献するかもしれない、大きな発見がありました。

先日、九州大学大学院農学研究院の辰巳隆一准教授、水野谷航助教、中村真子准教授らの研究グループが、筋肉において「抗疲労性筋線維」が形成される仕組みを発見したのです。

骨格筋の疲労耐性やエネルギー代謝などの特性は、「筋線維」と呼ばれる細長く大きな筋細胞のタイプによって決まり、マラソン選手に多いとされる「抗疲労性筋線維」と「易疲労性筋線維」の2つの筋線維タイプがあります。

この研究で、疲労しにくい筋線維の形成に、ある種の食品成分が関わっていることも発見され、この食品成分をサプリメントとして摂取することで、「抗疲労性筋線維が増える」可能性があるというのです。

reaf 運動をせずに膝まわりの筋肉をパワーアップ

加齢による膝痛は、膝関節のクッションとなる軟骨がすり減ることとともに、膝まわりの筋肉(主に大腿四頭筋とハムストリングス)の衰えで立ったり歩いたりする際に不安定となり膝関節に過剰な負担がかかってしまうことが主な原因です。

軟骨がすり減った状態においても、筋力をつけることで膝痛を大幅に緩和できると言わておりますが、膝に痛みがあることで、筋力を鍛えたくてもできないというのが、膝痛で悩む多くの方の実情ではないでしょうか。

そこにこのサプリメントがあれば、膝に負担のかかる運動をせずに膝まわりの筋肉をパワーアップさせ膝痛の改善が可能となります。早い時期に実用化されることに期待したいところです。

(2017/5/28)

reaf サプリメントの先進国アメリカで選ばれている、ひざ痛サプリ成分『MSM』とは?

管理人・高橋

当サイト管理人1・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに