日本初!妊婦さんのサプリメント利用率が判明

妊婦さんの半数以上が妊娠前・妊娠中に医薬品・サプリメントを使用しているということが、東北大学の調査で明らかになりました。

実はこれまで、日本国内における妊娠中の妊婦のサプリメント及び薬の利用実態と安全性に関するデータは存在しなかったため、海外のデータを参考にしていたのです。

reaf エコチル調査

今回行われた調査は、エコチル調査の一貫ともいえるものでした。「エコチル」とは「エコロジー」と「チルドレン」を組み合わせた造語で、正式には「子どもの健康と環境に関する全国調査」といいます。

6月21日、日本全国の約10万人の妊婦を対象とした、妊娠中の胎児の健康と環境調査として、「サプリメント及び薬の利用実態」を発表しました。

reaf 調査内容の詳細

説明する医師

この調査は、東北大学大学院医学系研究科環境遺伝医学総合研究センターのグループによって行われました。

今回調査対象となったのは、環境省により2011〜2013年にかけてリクルートされ「環境と子どもの健康に関する全国調査」(エコチル調査)に参加した9万7,464人の妊婦で、出生児が13歳になるまで追跡が行われます。まさに国家規模といえる大調査です。

研究グループは、妊婦の妊娠中だけでなく妊娠前についても、サプリメントおよび薬の利用実態を調査しました。調査結果は以下の通りです。

サプリメント及び薬を使用した妊婦の割合

  • 妊娠前1年間 = 78.4%
  • 妊娠判明後から妊娠12週まで = 57.1%
  • 妊娠12週以降 = 68.8%

使用されたサプリメント及び薬の種類

  • 妊娠前1年間 = 「市販されている解熱・鎮痛・感冒薬」「病院で処方された解熱・鎮痛・感冒薬」「全ての抗菌薬」
  • 妊娠判明後〜妊娠12週 =「葉酸サプリメント」「病院で処方された解熱・鎮痛・感冒薬」「漢方薬」
  • 妊娠12週以降 = 「葉酸サプリメント」「子宮弛緩薬」「病院で処方された解熱・鎮痛・感冒薬」

 ※多い順に掲載

今回の調査で、多くの妊婦がサプリメント及び薬を使用していることが分かりました。特に妊娠後は葉酸サプリメントを利用している方が多い点は、欧米のこれまでの傾向に近づいてきたといえます。

reaf 妊娠時に膝痛・関節痛サプリメントを利用することについて

今回調査対象となった方々につきましては、高齢者が含まれない分、膝などの関節痛に悩む方の割合は少ないと思われますが、妊婦が膝痛・関節痛サプリメントを利用する際の注意点を記してみたいと思います。

主な成分として、グルコサミンやコンドロイチンについては、各メーカーごとに様々ですが、販売サイトには「妊婦・授乳中の方は事前に医師にご相談ください。」(久光製薬)、「妊娠・授乳中の方は、お召し上がりにならないでください。」(アサヒ)と記載しているメーカーもあれば、大正製薬や小林製薬のように特に載特のないメーカーもあります。

妊娠中は精神的にも体質的にも敏感で代わりやすい時期です。特に大きな身体の変化が報告されているようではありませんが、これらのサプリメントを利用することで体調が変化する可能性もあります。利用する際は、注意書きに記載がない場合も、担当医師に相談するべきです。

(2017/7/2)

reaf サプリメントの先進国アメリカで選ばれている、ひざ痛サプリ成分『MSM』とは?

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに