健康食品や特定保健用食品(トクホ)には副作用がないとは言い切れない!

reaf 国民生活センターが警告

説明する医師

国民生活センターが2017年8月3日、健康食品、特定保健用食品(トクホ)などを摂取すると、体質によっては重篤な肝障害を起こす場合があるとして注意を呼びかけました。

当サイトでは「ウコンが膝の痛み対策に使える」という記事の中にウコンサプリの大量摂取は厳禁で、その理由として「肝臓に負担をかけてしまうリスクが高く、過去には劇症肝炎発症などの事例も報告されている」と記載しました。

これはサプリの説明書に従い適量を摂取してほしいという内容でしたが、今回の国民生活センターからの注意喚起は、「適量であれば安全」というものではなく、「特異体質」による重篤な肝障害についての警告です。

しかし特異体質による重篤な肝障害は、予防・予測が困難であることから『倦怠(けんたい)感や発熱、黄疸(おうだん)などの症状が続く人はすぐに摂取をやめ、医療機関を受診してほしい』と警告しております。

以下は国民生活センターの発表資料による主な事例です。

  • トクホの青汁による肝障害(50歳代女性)
  • 健康ハーブ茶による高度肝機能障害(70歳代女性)
  • 健康食品および総合感冒薬による肝障害(50歳代女性)
  • 3種のサプリメントを3か月間摂取したことによる薬物性肝障害(70歳代女性)

reaf 初期症状でもすぐに摂取をやめ医療機関へ

国民生活センターでは上記警告に加え、食欲不振、発熱、発疹、吐き気・おう吐、かゆみなどの初期症状が出たらすぐに摂取をやめ、商品やパッケージを持参し医療機関に行くよう呼びかけております。

発症は非常にまれだということですが、発症した場合は重症化して死に至る例もあるとのことです。

「健康食品や特定保健用食品(トクホ)には副作用がないとは言い切れない!」ということを今一度認識していただきたいと思います。

(2017/8/17)

reaf サプリメントの先進国アメリカで選ばれている、ひざ痛サプリ成分『MSM』とは?

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに