サポーターを初めて購入するときには

元気に説明する主婦

サポーターを初めて購入するときには、まず自分がどのようなサポーターが欲しいのかをはっきりさせるためにも、自分の膝の状態をしっかり把握するようにしたいものです。

 

■膝の状態とサポーターの種類

  • 保温効果のあるサポーター
    冷えると痛い、温めると楽になるといった程度で、診察に行くほどではない場合に有効。
  • ワイヤー入りサポーター
    階段の上り下りが痛い、立ち上がりが痛い、歩きが不安定な場合に有効。
  • マジックテープで簡単装着の支柱付きサポーター
    膝がガクガク不安定、力が抜ける、ずれるような場合に有効。
  • ベルトでしっかり支える支柱付タイプのサポーター
    半月板損傷や靱帯損傷の場合に有効。医師に相談の上で使用すること。
  • 伸縮性サポーター
    伸縮性サポーターは、冷えると痛くなるタイプの人には保温効果もありおすすめです。つけ外しも楽で価格も安く洗濯も簡単です。しかし、膝のぐらつきや痛みには力不足なサポーターと言えそうです。
  • 伸縮性ワイヤー入サポーター
    伸縮性保温タイプのサポーターと支柱付きサポーターのいいとこ取りの、ワイヤー入りのサポーターも人気があります。軽い症状なら、これ以上悪くしないような悪化予防効果も期待できます。踏ん張りやすくなり膝負担を軽減してくれますが、膝の曲げ伸しは楽に行えます。
  • 支柱つき装具サポーター
    支柱付きのサポーターはリハビリにもとても効果が高く、安定性もしっかりしています。またしっかり支柱で固定してあると踏ん張やすくなり、痛みの軽減にも効果があります。しかし価格も高くなり持ち運びなどは不便です。コルセットに近い効果があり、膝の状態が相当悪い場合に使われます。

■価格

一般的な価格としては、保温用サポーターは両足用1000円程度からあります。ワイヤー入りのサポーターは片足5000円前後〜1万円程度。支柱付きサポーターも片足5000円程度から1万円以上となっています。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに