サポーターの役割、必要とする方

サポーターを選択する際にどのようなポイントを重視するべきか、そしてどういう人が必要なのかも考えてみました。

■サポーターの役割

膝の痛みが楽になることが一番大切なことですが、膝の負担をサポートしながら、関節を楽に動かすことができるものを選ばなくてはなりません。ズレがなく、しっかり関節への負担が軽減できるものが条件になります。

■無理のない付け具合

元気に説明する主婦

サポーターは足にしっかり巻き付けるものが多く、ズレないように設計しているために、逆に付けてみると変なところが当ってしまって痛むこともあります。また、膝の動きまで限定してしまうサポーターは、重症用のもの以外はお勧めできません。

逆にそうなるとサポーターというよりコルセットになってしまいます。サポーターはあくまでも膝の関節が自由に使え、膝への負担が軽減できるものでなければなりません。そのうえ当ったり擦れたりすることのないサポーターを選びましょう。

■素材はどうなのか

体にぴったり付けるものなので素材はとても大切です。肌に直接付くのでなるべく自然素材が使用されているもので、洗濯のできるものを選びましょう。そして蒸れてしまうと、あせもなどができやすくなるので通気性も重要です。

■どのような人が必要とするのか

仕事などで重いものを持つ作業の人や、立ちっぱなしの仕事の人にもおすすめです。またハイキングやウォーキングが好きで、長距離の歩行を行う人にも是非おすすめです。つけている感覚がなく、でも役割はしっかり担ってくれるサポーターが理想のサポーターです。

膝に違和感があったり時々痛みがある程度の人でも、早くからこのようなサポーターを選び上手に利用することで悪化せずに、今の状態をより良くしていくことも期待できます。サポーターで膝の負担を軽減させ、ウォーキングなどで筋肉を鍛えながら膝痛を改善したいものです。

reaf 私自身、考えに考えた末、母にすすめたのが『MSM』でした。

管理人・高橋

当サイト管理人・高橋です。サプリメントの先進国アメリカで、新成分『MSM』が、なぜ、ひざ痛など関節系サプリの主流となっているのか?詳しくはこちらをご覧ください。
  ↓  ↓ 
MSMサプリメント〜ひざ・腰など関節の悩みに